紫外線対策~肌の仕組み06・最終回~

キャストメンバーのAKANEです。
フィトテラピーとリンパで美健康になるセルフケア情報を配信中です。

今日のテーマはランゲルハンス細胞について。

ナニソレ?

日焼けと深いかかわりがあるんです。


〇AKANEの紹介ページは【こちら】
〇AKANE公式”PhytoLifeブログ”は【こちら】
〇noteも配信中♪【こちら】


目次

  1. 過去の記事
  2. ランゲルハンス細胞とは?
  3. 表皮の頼れるボディーガード
  4. ランゲルハンス細胞のもう一つの役割
  5. 肌を守る優秀な救急隊員
  6. PhytoLifeブログ

1.過去の記事



2.ランゲルハンス細胞とは?



私たちの体は、
表皮の細胞が隙間なく敷詰あっています。

それは、
ウイルス等の病原体の侵入を防ぐため。

しかし
ターンオーバーの乱れや傷くと・・

体内に病原体が侵入しする可能性が!

そんな時頼りになるのが
ランゲルハンス細胞 です!


3.表皮の頼れるボディーガード



ランゲルハンス細胞は、
病原体の侵入をいち早く感知します。

そして病原体の一部を体内に取り込みます。

取り込んだ後は、
皮膚の下層、体内へ移動します。

そこに体内で待ち構えているは
白血球(免疫細胞)たち!

ランゲルハンス細胞は
白血球に病原体の情報を伝えます。

そして白血球はその情報を元に
体を守るために動き出すのです!

ちなみにランゲルハンス細胞は
その後役目を終え、死んでしまうそうです。

まさに自分の身を挺して守る
ボディーガードですね!


4.ランゲルハンス細胞のもう1つの役割



ランゲルハンス細胞は
他にも役割があります。

それは、
炎症した肌を守ること。

炎症といえば火傷をイメージしますが
実は 日焼けも火傷 なんです。

日焼けすると肌が赤くなります。

これは 肌が炎症している状態です。


5.肌を守る優秀な救急隊員



皆さんは、
火傷した時どう対処していますか?

軽度であれば、流水ですぐ冷やしますね。

ランゲルハンス細胞も
同じようなことをしてくれます。

紫外線によって炎症した肌を
悪化しないように、鎮静化してくれます。

細胞たちを身を挺して守り、炎症も抑えてくれるなんて、本当にカッコイイ頼れるランゲルハンスくんですね!

見た目はキモチワルイけど(笑)


いかがだったでしょうか?

紫外線対策~肌を守る仕組~は今日で最終回です。

最後までお付き合いいただいてありがとうございました!

AKANEのキャスト紹介ページはこちらから